腰椎分離症・ヘルニア・狭窄症について


札幌市西区・整体とタイ古式YURURI 電話011-664-8823

札幌市西区の整体とタイ古式YURURI TOPへ YURURIへのアクセス・札幌市西区宮の沢 札幌YURURI「整体とタイ古式のご予約」

札幌市西区YURURIのコースと料金 札幌ゆるりのお腹から元気にする整体 札幌ゆるりのタイ古式マッサージ



ホーム  >  腰痛  >  腰椎分離症・ヘルニア・狭窄症について


    

腰椎分離症・ヘルニア・狭窄症について



脊椎分離症・すべり症について



腰椎分離症は、腰を反らしたり回したりするような動きを繰り返すことで、腰椎の後方部分に亀裂ができ、骨と骨が離れてしまった状態です。

また、腰椎すべり症は、腰椎の分離によって不安定になった腰の骨がすべってしまった状態です。

10代前半の成長期にスポーツを行っていた方や、腰に負担のかかる姿勢を長年続けてきた方に多く見られる症状です。

腰椎が分離していても、痛みが出る方とまったく自覚症状がない方がいて、不安定になった腰椎に繰り返し力がかかったり、強い刺激がかかったりする場合に、鈍痛などが出やすくなります。

長時間同じ姿勢でいたり腰を反らしたりする時に痛みが出たり、激しい運動で腰が抜けたような痛みの症状が出ます。



腰椎椎間板ヘルニアついて



骨と骨との間でクッションの役割をする椎間板の中心にあるゲル状の球(髄核)が周りの繊維の輪を飛び出してしまった状態です。

腰の痛みと左右どちらかの脚にしびれを伴う痛みがあります

大腿部からすねや足先への痛み、すねや足先のしびれが出ることが多く、脱力感や知覚の鈍りなどの症状も出ることがあります。

また、痛みをかばう姿勢が多くなると、背骨(脊柱)に彎曲が出て、歪みが生じることがあります。

上体を反らすと椎間板への圧が低下し、上体をかがめると椎間板を後方に押し出す圧が著しく高まり、脊柱の靭帯を引き伸ばして痛みが増します。

姿勢が固まらないようにして、椎間板を後方に押し出すストレスを与えないようにすることが大切です。



腰部脊柱管狭窄症ついて


背骨にある脊髄の通っている管のスペースが狭まり、神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こす状態です。

腰周りに痛みやハリ、違和感があったり、下肢の痛みやしびれ、脱力感などの症状があります。

脊柱管狭窄症は腰を反らせることで、腰の狭窄が悪化し、症状が出やすくなります。

普段は症状がなくても、歩き出すと脚に痛みやしびれが出て歩けなくなったり、前かがみで休むと歩けるようになったりすることがあります。

症状が悪化すると、排尿障害や便秘などの症状も現れます。



⇒慢性的な腰痛についてはこちらへ


⇒急性腰痛(ぎっくり腰)についてはこちらへ


⇒坐骨神経痛についてはこちらへ


札幌市で慢性的な腰痛のご相談は
「整体とタイ古式のお店YURURI」へどうぞ


あなたのご来店を心よりお待ちしております。


整体とタイ古式YURURI  電話011-664-8823

札幌市西区発寒6条9丁目11-23 Flats宮の沢101号室
宮の沢駅徒歩4分


ネットからのご予約は24時間受付中!


Copyright(c)2012 YURURI All Rights Reserved.
北海道札幌市西区発寒6条9丁目11番23号 Flats宮の沢101号室
TEL 011-664-8823(予約制)
整体とタイ古式のお店 YURURI(ゆるり)