肩関節周囲炎/四十肩・五十肩について
札幌「整体とタイ古式のお店 YURURI」 



 


札幌市西区・整体とタイ古式YURURI 電話011-664-8823

札幌市西区の整体とタイ古式YURURI TOPへ YURURIへのアクセス・札幌市西区宮の沢 札幌YURURI「整体とタイ古式のご予約」

札幌市西区YURURIのコースと料金 札幌ゆるりのお腹から元気にする整体 札幌ゆるりのタイ古式マッサージ



ホーム
 > 肩関節周囲炎・五十肩


 

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)について



肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)について



肩関節周囲炎、いわゆる「四十肩」や「五十肩」は、肩関節周囲に発症し、肩関節の痛みと動きの制限を伴う疾患の総称です。

一般的な肩こりの場合は、悪い姿勢や緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなり、肩に痛みやハリ、だるさが発生します。

一方、肩関節周囲炎の場合は、関節を構成する骨や軟骨、靭帯や腱の老化などで、肩関節の周囲に炎症が起こることが主な原因と考えられています。


肩関節周囲炎の症状の特徴は、

・特に原因がないのに肩が痛む
・肩を動かしたときに強い痛みがある
・腕が上がらない
・腕が後ろに回らない
・夜間に痛みで目が覚める


などがあります。


何か物を持ち上げようとした瞬間などに突然激痛があり、その後肩を動かしたりすると痛みが出てきます。

一度症状が出ると、腕を上げたり、腕を後ろに回したりする動作が制限される場合が多く、日常生活にも支障をきたすことが多くあります。

また、症状が悪化すると夜間に痛みが出て、不眠気味になったり、精神的ストレスもたまりやすくなります。

肩関節周囲炎は、50代を中心に40代から60代の年代でよく起こるため、五十肩や四十肩などと呼ばれています。

肩関節周囲炎と似たような症状で、肩甲骨と上腕骨をつないでいる腱が切れた肩腱板断裂の場合や、石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)もありますので、まずは整形外科でレントゲンの検査をお勧めします。



肩関節周囲炎と整体について



肩関節周囲炎は痛みが最も強く現れる急性期と、それ以降の慢性期、回復期とに分けられます。

自然に治ることもありますが、放置すると日常生活に支障が出たり、関節が動かなくなる場合もあります。


≪急性期≫

急性期は痛みや炎症が強いので、それを鎮めるために、安静にして患部を冷やす必要があります。

症状には個人差がありますので、痛みがひどい方は病院を受診することで鎮痛剤等の薬物療法を受けることができます。

肩関節周囲の炎症以外に、 石灰が沈着することが原因による肩の痛みは、薬で早く治りやすいので病院へ行くことをお勧めします。


≪慢性期・回復期≫

急性期を過ぎて慢性期(安静時の痛みが治まってきた頃)になったら、患部を温めて血行を促すことが必要とされます。

また、肩関節の動きが制限されているので、肩が固まらないように可能な範囲で動かしていくことも大切になります。

回復には個人差があり、半年から一年位で回復する場合もあれば、二~三年かかってしまう場合もあります。


強い痛みが治まって慢性期に入られた方には、当店の整体がお役に立てるかと思います。

整体では、五十肩は長年の筋肉の疲労が関わっていると考えていますので、筋肉をほぐして血流を促進して、骨格のバランスを整えて、肩への負担を減らしていきます。

特に普段の姿勢が悪かったり猫背になっている方は、肩の痛みが軽減せずに持続しやすい傾向にあります。

その為、当店の整体では、まずは姿勢を維持するためのお腹の筋肉バランスを整えていきます。

その後、硬くなった背中~肩・首周りの筋肉をほぐして、骨格のバランスを整えることで、肩への負担を軽減し、関節の可動域を広げていきます。



札幌で四十肩・五十肩のご相談は
「整体とタイ古式のお店YURURI」へどうぞ
肩こりにおすすめの整体

●ご予約は

 TEL 011-664-8823●

⇒こちらのご予約フォームからも
 24時間受付中です!

札幌市西区発寒6条9丁目11-23
Flats宮の沢101号室
【宮の沢駅徒歩4分】

⇒お店へのアクセス方法はこちらへ


あなたのご来店を心よりお待ちしております。



整体とタイ古式YURURI  電話011-664-8823


ネットからのご予約は24時間受付中!

Copyright(c)2012 YURURI All Rights Reserved.
北海道札幌市西区発寒6条9丁目11番23号 Flats宮の沢101号室
TEL 011-664-8823(予約制)
整体とタイ古式のお店 YURURI(ゆるり)