整体とタイ古式のお店YURURI
整体コラム2



 札幌市西区・整体とタイ古式YURURI 電話011-664-8823

札幌市西区の整体とタイ古式YURURI TOPへ YURURIへのアクセス・札幌市西区宮の沢 札幌YURURI「整体とタイ古式のご予約」

札幌市西区YURURIのコースと料金 札幌ゆるりのお腹から元気にする整体 札幌ゆるりのタイ古式マッサージ



ホーム > 整体コラム > 


整体とタイ古式のお店YURURIの「整体コラム」





呼吸は生きる為に必要なものですが、日常生活で意識することは少ないと思います。

呼吸が乱れたり、浅くなったりすると、全身に十分な酸素が行き渡らず、疲労がたまって抵抗力が落ちたり、身体の不調につながってきます。

逆に、深くゆったりとした呼吸は、十分な酸素を取り込むことができ、身体の循環や内臓を活性化してくれたり、リラックスの神経である副交感神経に働きかけて、筋肉もゆるめてくれます。

例えば、整体での骨格矯正やタイ古式マッサージのストレッチも、息を吐きながら受けてもらうことで、筋肉をゆるめ、身体の負担が少ないようにしています。

また、施術後に身体がゆるむことで呼吸がしやすくなる方も多くいらっしゃいます。

もし、身体が緊張している場合、深くゆったりした呼吸を繰り返すことで、身体も気持ちもゆるんで緊張がほぐれてきます。

息を深く吸うことはできても、深く吐くことがうまくできない方は多く、緊張や不安で息をうまく吐けない場合は、過呼吸になることもあります。

呼吸という言葉は「呼=吐く」が先で「吸=吸う」が後にきます。

まず、お腹にある空気を全部吐きだすことで、新しい空気を吸い込むことができるので、吐くことを意識して呼吸をすると良いと思います。

そして、呼吸はできるだけ口でなく鼻で呼吸するように心掛けてみてください。

鼻は鼻毛等で外部の汚れやウィルスを除去したり、清潔に保つ働きがあります。

口呼吸から鼻呼吸にすることで体内にきれいな空気が入り、アレルギーが軽くなることもあるので、アレルギーの方には鼻呼吸をお勧めします。

身体に良い「深~いゆったりとした呼吸」、少し意識してみてください。







某食品会社のスローガンに「やがて、いのちに変わるもの」というフレーズがあります。

食べ物はやがていのちに変わるものです。

生きていく為には、毎日身体に必要な食べ物をとる必要があります。

しかし、食事は忙しいと乱れてしまうことが多く、食事内容が偏っていたり、時間が不規則だったりすることも多いと思います。

例えば、お菓子やジャンクフードを食事代わりにしたり、深夜に高カロリーの食事をしたり、好きなものばかり食べたりと、思い当たる人も多いと思います。

食事が乱れてしまうと、肌が荒れたり、身体の調子が悪くなったり、免疫力等の低下にもつながります。


東洋医学における食事の基本は「自然の法則を大切にした、正しく美味しい食生活」です。

それは、栄養を計算して食事をつくるということではなく、自分の体質や症状に合わせて、食材の特性や調理法をうまく組み合わせて食事をつくることです。

食材が持つ特性を知って、寒い時には身体が温まるものや加熱したものを、暑い時には身体の熱をとるものを食事に摂り入れたりします。

色々な食材を使って偏りがないようにしたり、その土地でとれた旬の食材を食べることが大切です。

食材全体に栄養があるので、できるだけ精製されたものより未精製のもの(白砂糖より黒砂糖、白米より玄米や雑穀米等)を選んだり、食材を丸ごと使うようにしたりすると良いでしょう。

また、添加物が多く入っているものや原料がわからない加工食品、フライやケーキ等の油ものと甘い物を一緒に食べることは避けた方が良いでしょう。


「食養生」における、オススメの食べ方は、胃腸に負担をかけずに消化吸収を高める食べ方です。 

その為には、「温かいものを食べること」「ゆっくりとよくかんで食べること」「あっさりしたものを食べること」なども大切です。

食べ物は「やがていのちに変わるもの」、健康を保つ基本です。

良い食事を、良く噛んで、腹七分目を心がけましょう。







身体の中の水分は、不要な老廃物を体外に排出したり、体温を調整するなど重要な役割があり、生きる為には必要不可欠なものです。

しかし、水分は多ければ多いほどいいというものではなく、過剰な水分は身体にとって害となることもあります。


東洋医学では、身体の水分バランスが崩れて、体内に余分な水が滞っていることを水毒と考えています。

余分な水分は、だるさ、はれぼったさ、むくみ、消化器系の不調などの症状を引き起こします。

また、体内に水分が多いことは冷えにもつながり、様々な痛みの症状の要因にもなります。


体内の水が下部に停滞した状態が続くと、足のむくみや冷えが生じます。

また、余った水は痰や鼻水として出そうとする働きによりアレルギー性鼻炎やぜんそくを引き起こすとされています。

一方、身体の上部分で水が循環せず停滞すると、免疫機能がうまく働かず、皮膚表面の水分不足から肌が乾燥し、アトピー性皮膚炎や湿疹になりやすくなります。


東洋医学では、アレルギー症状は体内で余分な水分が多くなり、身体から水分がわき出てくる病気として捉えています。

アレルギー症状のある方は、日頃から過剰な水分摂取は控え、余分な水分を出すようにすると良いでしょう。

できるだけ運動やお風呂で汗をかいて発汗を促し、身体を温めることで腎機能を高め、余計な水分をためないようにしましょう。

アトピー性皮膚炎などでよく処方されるステロイド剤はとても強い薬で、長年の服用により身体に負担をかけてしまいます。

薬を徐々に少なくしていく為にも、余分な水分を出して身体を温め、免疫力をあげていきましょう。



⇒整体コラム3へ



「整体とタイ古式のお店YURURI」では、

札幌の皆様のお元気な身体づくりのお手伝いをしています。

ご相談やご予約はお気軽にご連絡ください。



整体とタイ古式YURURI  電話011-664-8823
札幌市西区発寒6条9丁目11-23 Flats宮の沢101号室
宮の沢駅徒歩4分



ネットからのご予約は24時間受付中!


ホーム

アクセス&地図

お車でのアクセス

お客様の声

コース&料金

整体

整体の流れ

整体適応症

タイ古式マッサージ

YURURIコース

オイルトリートメント

フットリフレ

初回のご案内

お店の紹介

スタッフ紹介

よくいただくご質問
今月の企画


ご予約

お問い合わせ

好転反応

整体について

タイマッサージについて

サイトマップ

整体コラム1

整体コラム2

整体コラム3

整体コラム4

整体コラム5

整体コラム6

整体コラム7

整体コラム8

整体コラム9

整体コラム10

整体コラム11

整体コラム12

整体コラム13

整体コラム14

整体コラム15

整体コラム16

整体コラム17

整体コラム18

整体コラム19

 



Copyright(c)2012 YURURI All Rights Reserved.
北海道札幌市西区発寒6条9丁目11番23号 Flats宮の沢101号室
TEL 011-664-8823(予約制)
整体とタイ古式のお店 YURURI(ゆるり)