整体とタイ古式のお店YURURI
整体コラム16



 札幌市西区・整体とタイ古式YURURI 電話011-664-8823

札幌市西区の整体とタイ古式YURURI TOPへ YURURIへのアクセス・札幌市西区宮の沢 札幌YURURI「整体とタイ古式のご予約」

札幌市西区YURURIのコースと料金 札幌ゆるりのお腹から元気にする整体 札幌ゆるりのタイ古式マッサージ



ホーム > 整体コラム >  16


整体とタイ古式のお店YURURIの「整体コラム」16






東洋医学では、女性は「七の倍数」、男性は「八の倍数」の年齢で身体が節目を迎え、大きな変化が表れると考えられています。

これは、自分の身体に注意を向けたほうが良い年齢で、健康維持の仕方や加齢への対処法を考える上での節目であり、個人の身体の弱い部分が出てきやすい時期でもあります。


女性の体調変化はホルモンの変化で捉えることができ、14歳前後に生理が始まり、21歳から女性の成熟期に入ります。

その後、28歳で体調は最も充実し、35歳から少しずつ下り坂となって、病気という程でもない様々な不調や婦人科系のトラブルが見られるようになります。

42歳を迎えると体力や性機能の衰えが出てくるので、血流を良くして身体を冷やさないように過ごすことが大切になります。

49歳前後で閉経を迎えると、体内では急激な変化が生じるので、ストレスをためずに、ゆったりと過ごす工夫が必要です。

それ以降は緩やかに老化し、56歳以降はイライラや目の疲れ、体力の低下が出やすくなるので、心と目のケア、適度な運動を心がける必要があります。

63歳からは動悸や不眠の症状が出やすいので、疲れをためずに血行を促進し、質の良い睡眠を心がけてください。


一方、男性は変化の速度が比較的緩やかで、24~32歳でピークを迎え、40歳前後から徐々に下降し、集中力の低下などの精神面に変化が表れやすいのが特徴です。

そして、48歳位で白髪や抜け毛が目立つようになり、56歳頃に性機能の衰えなどの大きな変化が表れてきます。


これらの節目の年齢に見られる変化は、日常生活との関係が深く、暴飲暴食や慢性的な睡眠不足、不摂生な生活などがエネルギーを消耗させ、老化を速めてしまいます。

特に女性は、更年期に入る前の5~7年位前から、生活を見直し体調や身体の状態を整えておくことで、更年期を楽に過ごすことができます。

また、身体の変化に応じて養生することで、未病とされる症状や老化を緩やかにすることができますので、普段の食事や睡眠、生活習慣などを見直す良い機会にしてください。







近年、物忘れや認知症の予防にアロマオイル(精油)のローズマリー(カンファー)とレモンのブレンドの香りが注目されています。

香りは嗅神経を刺激し、嗅覚と連動している海馬(脳の大脳辺縁系にある記憶の中枢)に直接到達し、活性化させてくれます。

認知症になると、嗅神経が最初にダメージを受けるので、アロマオイルの香りによって嗅神経を活性化することで認知症予防に役立てる仕組みです。

海馬への刺激が強いと記憶も強化されるので、好きな香りで暗記作業などを行うのも効果的です。

海馬に影響を与える香りの代表は、ペパーミントやローズマリーで、集中力や記憶力を高めたり、脳の疲労回復効果などが期待できます。

他にも、バジルやレモン、レモングラスなどの香りも集中力や記憶力を高める為に役に立ちます。







東洋医学は古代中国で形成された陰陽説を基にしています。

陰陽説では自然界の全てを陰と陽に分け、陰と陽は互い対立したり、依存したりしてうまくバランスをとっているとされます。

陰は夜の月のように、静かで暗く冷たい状態を象徴し、内に向かったり下降したりする性質を持っています。

また、陽は昼の太陽のように動的で明るく熱い状態を象徴し、外へ向かったり上昇したりする性質を持っています。


東洋医学において、体内のバランスを総合的に判断するために陰陽説が活用され、病気の症状や治療などで重要な役割を果たしています。

人間の心身に当てはめて考えた時に、心身の陰陽バランスが保たれていれば健康、崩れていれば病気と考えます。

例えば、身体の部位では日焼けしやすい背中や上半身は陽、お腹や下半身は焼けにくいので陰となります。

また、人間の活動で陰に当たるのが、鎮静・睡眠・滋養など、陽に当たるのが興奮・活動・消耗などです。

朝目覚めると身体は陰の睡眠から陽の活動の状態へ変わっていきます。

昼間に活動した身体は夕方位になると疲れて休息をとろうとし、陽から陰の状態に変わろうとします。

もし、夜になっても、休息をとらず活動を続けると陽が過剰な状態になり、興奮したり、ほてったり、眠れなくなったりしてきます。

反対に活動すべき昼間に寝続けてしまうと、陰が過剰になって、だるさや倦怠感が出たり、冷えてきたりします。


このように、陰陽のどちらかが過剰になったり、バランスが崩れて回復できなくなると不調が出やすくなります。

陰が不足すると熱を冷ますことができずに潤いが不足し、のぼせやほてり、乾燥などの状態につながります。

冷やしたり、鎮静したり、体内の水分を増やしたり睡眠をよくとる必要があります。

一方、陽の不足は、身体を温めることができずに冷えて、疲れやすく気力がなくなったりします。

その場合は、温めたり刺激を与えたりする必要があります。

また、心の部分では楽しい感情の時は陽、悲しい時は陰が強くなり、このバランスが崩れると健康にも影響を与えるとされます。



整体コラム目次へ


札幌の「整体とタイ古式のお店YURURI」

整体とタイ古式YURURI  電話011-664-8823
札幌市西区発寒6条9丁目11-23 Flats宮の沢101号室
宮の沢駅徒歩4分



ネットからのご予約は24時間受付中!



ホーム

アクセス&地図

お車でのアクセス

お客様の声

コース&料金

整体

タイ古式マッサージ

YURURIコース




ご予約

サイトマップ

整体コラム1

整体コラム2

整体コラム3

整体コラム4

整体コラム5

整体コラム6

整体コラム7

整体コラム8

整体コラム9

整体コラム10

整体コラム11

整体コラム12

整体コラム13

整体コラム14

整体コラム15

整体コラム16

整体コラム17

整体コラム18

整体コラム19

整体コラム20

整体コラム21

     



Copyright(c)2012 YURURI All Rights Reserved.
北海道札幌市西区発寒6条9丁目11番23号 Flats宮の沢101号室
TEL 011-664-8823(予約制)
整体とタイ古式のお店 YURURI(ゆるり)